Skip to content

FXの利益の出し方は2種類

大まかに分類すると、FXでは利益の出し方が2種類に分かれていると言われています。投資スタイルやレバレッジの設定なども変わってくるそうですから、スタイルの特徴や得ることのできる利益の仕組みなどをご紹介します。


FXの短期取引で出る利益

デイトレーダーなど、一日や数時間などで売買行う、取引をこまめに終了させる場合には、FXで最もスタンダートな投資による利益の出し方、外貨為替売買の差額があります。この場合、こまめに取引を終了させるので、自分がチャートを長時間チェックできない場合には、売り買いを確定させるなどの方法でリスクの管理を行うことで、高いレバレッジをかけて利益を大きく取るというトレード方法が多いそうです。


金利差額のスプレッドを長期取引で

一方、長期で取引を行うことで、外貨の金利差額にあたるスプレッドで利益を出す方法もあります。FXは世界のバーチャル市場を時間ごとに移動します。ニューヨーク市場で一日の最後を迎えますが、この市場をロールオーバーさせた為替には、すべてに金利がつくのです。この金利の差額はそんなに大きな金額にはならないのですが、一年間など長期で差額を持ち越すことで、小さな金額を大きくしているそうです。