Skip to content

FX予測は初心者でもできるもの?

FXでは、外貨の動きを予想して投資を行います。通貨を安く購入して、できるだけ高く売ることで差額が利益になるのです。初心者や今まで世界のニュース、外貨に興味がない人には、情報を集めることや、今後の為替予想は難しく感じられるようですが、予測方法にはどのようなものがあるでしょう?


FX予測は、まず過去のデータをチェック

初心者でも利用しやすい予測方法にテクニカル分析という方法があります。為替の値動きの変動を短いものでは1分単位など、長いものは一ヶ月や一年単位などでデータにしたものです。為替は常に動きますが、今まで見たことのない動きをいきなりする、というのはFX市場では非常に稀なことといえるそうですから、過去に動いた値の動き方から今後を予想するテクニカル分析は初心者が使いやすいそうです。


政治のニュースなどを知るファンダメンタル分析

一方で、自分が売買を行っている為替の情報や、その国の情勢などから値段の動きを予想するのが、ファンダメンタル分析です。この分析ではニュースなどから今後の価値を考えます。スプレッドなどに左右されずに利益を出す長期トレードの場合には、特にこの知識が必要となるという声も多いそうです。またテクニカル分析では予測しきれないような変動も、ファンダメンタル分析なら可能だという声もあるそうです。

【参考リンク】
FX初心者(http://www.internoise2012.com/)
FX取引を初めて行う方にお勧めのwebサイトです。FXは情報収集が肝ですので、なるべく多くの知識に触れるようにしましょう。

FXはデモトレードを活用するべし

FX取引会社を選択する時、何を基準にしていますか?スプレッド差、取引手数料、レバレッジ、スワップ金利などたくさんの判断材料があります。確かにこれらはもちろん大事なことです。私もどの取引会社を選択するか迷った時は、これらを元に判断します。
しかしもう一つ大事なことがあります。それはデモトレードです。デモトレードとは、実際のFX取引を体験することが出来るサービスです。これは仮想の取引なので、いくら負けても実損は0円です。
今ではほとんどの取引会社が、デモトレードサービスを行っています。しかし各会社によって、サービスの充実度は違います。なるべく実際の取引を味わうことが出来るデモトレード。これを提供している会社を選択してみてはどうでしょうか。


デモトレードの活用法

デモトレードでは負けても、損失を負わなくても良いので、いくら負けようが関係ありません。つまりこのデモトレードであらかじめ失敗をしておくことが大事なのです。
私がおすすめするデモトレード活用術は、レバレッジを最大数掛けて取引してみることです。本来ならレバレッジを最大数掛けて取引することはほぼありません。それはあまりにもリスクが高すぎるからです。そしてレバレッジの凄さも恐さも体験することができたら、それだけでデモトレード利用価値はあるのではないでしょうか。

匿名掲示板の情報をすべて鵜呑みにしてFXするのはダメ

FX初心者がついやってしまいがちな行動が、2chなどの掲示板サイトの情報をすべて鵜呑みにして取引を行ってしまうことです。
当然そのようなことを続けていれば、いずれ大失敗するでしょう。
他人のフンドシばかりをとっていても、自分で取引の仕組みを理解できていなければ、お金をドブに捨てるだけです。


匿名掲示板の情報は鵜呑みにしてはいけない

これはFXに限った話ではありませんが、ある掲示板管理人が言った「嘘を嘘であると見抜ける人でないと、(掲示板を使うのは)難しい」という格言があります。
まさに、初心者はこれに当てはまってしまう傾向があり、匿名の情報を鵜呑みにして失敗するケースが後を絶ちません。
FXが他と違うのは、多額のお金を取引しているということです。
うまく資金を運用するためにも、自分で勉強して確かな情報を身につけてください。


破産しないためには勉強が必要

FXは変動し続けているものなので、破産しないためには勉強を続けることが重要です。
掲示板の情報を鵜呑みにして取引会社を選ぶのではなく、自分でも調べてスプレッドが狭い会社を選ぶなどの試行錯誤も必要です。
破産する方の多くが、「絶対上がるって聞いたのに!」と掲示板を鵜呑みにして、レバレッジを上げすぎて大赤字になるという被害に合っています。
FXには「絶対」や「必勝」という2文字はないということを、ここでは覚えてください。

取引の時間帯を知っておいてFX相場に応じた取引をしよう

FXの取引は為替によるものですから、市場の動きによって取引の相場に影響が出てしまいます。取引は24時間可能なので、自分の生活スタイルに合わせたトレードをしましょう。
最初はスプレッド幅など気負いすぎず少額の取引から確実に利益を狙っていきましょう。
時間帯によって取引が活発になる通貨ペアは変わってきますから、これを覚えて自分が暇になる時間を利用して取引をしましょう。
この時間の自由度こそFXが副業として人気な理由です。


空いた時間にFX!

サラリーマンの方ならば出勤前や昼休み、就寝前など空いた時間に市場をチェックして取引することが可能ですね。日本時間の21~24時はニューヨーク市場が活発に動く時間帯なので、これを利用すれば収益をあげることもできるかもしれませんよね。
東京市場が活発な9時ごろは反対に会社にいる時間でしょうから、この時間は無理、といったように自分の生活リズムに合わせて取引をすることをおすすめしています。


集中する時間を決めておきましょう

自分が空く時間はよくわかっているでしょうから、そこまでに用事はあらかた済ませておけば、FXの取引に集中できるといったわけです。
のめりこみすぎて生活リズムが昼夜逆転してしまうことのないように気を付けたいですね。

為替情報が充実したFX会社で取引

FXで有利な取引を行うには、如何に有用な情報を先取りできるかにあり、プロのトレーダーであれば組織を動員しての情報収集が可能であり、24時間アンテナを張る事が出来ます。一般の投資家にあっては情報収集の手立ては、口座を有しているFX会社の情報が頼りであり、リアルタイム為替情報・テクニカルツール、特に過去の有益な取引要素、チャート分析、世界経済情報などを取り入れた為替予測情報などがあれば心強い味方になります。経済新聞ニュースやテレビ・ラジオ報道などの情報は、報道された時点で既に過去のものであり、即応性が重要なFX取引では参考情報でしかない。


<情報は金なり>

情報を如何に先取りできるか、世界の経済情勢を如何に見通せるかなど、FXで利益を得るためにはそれなりの努力が必要です。最近はインターネットでリアルタイムの情報が得られるので、有用な情報が得られます。自動取引システムが盛んに一般公開されていますが、新規の建て玉を立て、決済する指示が出されたタイミングがどんな背景のもとで行われたかを知る上で参考にすることが出来ます。FX口座開設にあたっては、有益な情報が充実しているかどうかを判断材料にする事は大事です。また、複数の会社に口座を持つ事も、色々な情報を得る上で有益であり、分散投資でリスクを軽減させることにもつながります。

FX口座は複数管理でスプレッドの不安もなくそう

FX口座を選ぶときにはスプレッドの幅や、トレードにかかる手数料などを参考にしましょうという説明などを見たことがあるかと思います。しかし、FX口座ではレバレッジ規制後、レバレッジでの差というものがなくなり、会社は自分の得意な分野でのサービスに尽力し始めているそうです。


FX会社の得意分野をちょっとずつ使ってみよう

FX会社の儲けは、スプレッドの幅やトレードにかかる手数料、ほかに考えられるのは、サポートセンターなどの利用料などで、非常に利益の源は限られてしまうものだそうです。そのため、トレードにかかるお金がかからない、そのうえサポートも、あれもこれも、というサービスでは会社が持ちこたえられません。そこで増えているのが、会社ごとに得意とする部分でのサービス強化を行うことなのだそうです。


経験値に合わせて口座の変更もOK

FX口座はネットで非常に簡単に取得できること、また、口座の維持に余計なお金を取られないことが多いので、このような場合には、自分の経験値に合わせた口座を使うという方法でもいいでしょう。最初は少し無駄なお金がかかっても、サポートなどを重視して安全なトレードを、慣れたら利益の効率を重視するという方法です。口座の個性を自分の経験値に活かすことがおおきなポイントになるそうです。

FXで注目を集める、1000円投資ってなに?

FXでは金利差額となるスワップの利益、為替の売買による差額の利益などを、投資の利益として得ることができます。24時間チャートが動くというメリットを生かして、空いている時間だけにトレードを行う人も多いのですが、FX売買にある差額がスプレッドの負担なくトレードができる別の投資も注目されています。


FXで注目されるバイナリーオプション

バイナリーオプションとはFX会社が行っている1回1000円でできる投資です。数分後など、会社の定めた時間は円高か円安か、どっちかを考えて選択します。当たれば2000円になり、外れると1000円分は会社の利益になるというものです。これはその場で投資ができること、結果が直ぐにわかることなどがおおきなメリットとなっているそうです。


チャートに張り付かなくていい投資

元もと、FXは空いた時間に売買ができるということもおおきなメリットですが、それでも自分がチャートをしっかりと見ることのできない時間に為替が動いてしまうことは不安に思う人が多いことかと思います。バイナリーオプションでは、会社の決めた時間に円高、円安を選ぶだけで投資は終わりますし、当たればそのまま入金されるので、本当に空いた時間だけでトレードをすぐ開始、すぐに終了できるというものです。

FXのチャートをチェックできない時間は不安?

FXでは秒単位で外貨為替の相場が動いています。そのため、デイトレーダーなど、自分のあいた時間だけにトレードを行う人は、寝ている時間など長時間、自分がチャートのチェックをできない時間になる前に、一度取引を終了させている人もいるそうです。


FX市場は24時間動くもの

FXでは世界のバーチャル市場を24時間で回っていますからトレードできない時間というものがありません。いつでも空いた時間にできる代わりに、自分がチャートのチェックが不可能な時間にも、何か外貨為替に影響のある事故や事件などがあれば、価値が大幅に上下するというリスクがあるのです。また長期でトレードしない場合、スプレッドの幅によって売買差額による利益が大きく変わるというのは非常にもったいない口座の使い方と感じる人も多いかもしれませんね。


システムトレードで売買

そこでシステムトレードという取引を行う人が増加しているそうです。これは売買の設定を機械で行い、その設定した値段になると売買を自動的に行ってくれます。人の感情に左右されずにトレードを定期的に行えることの他にも、チャートを自分で管理できない時間もシステムに任せることができるという声もあるそうです。ただしリスク管理はしっかりしましょう。

FXの利益の出し方は2種類

大まかに分類すると、FXでは利益の出し方が2種類に分かれていると言われています。投資スタイルやレバレッジの設定なども変わってくるそうですから、スタイルの特徴や得ることのできる利益の仕組みなどをご紹介します。


FXの短期取引で出る利益

デイトレーダーなど、一日や数時間などで売買行う、取引をこまめに終了させる場合には、FXで最もスタンダートな投資による利益の出し方、外貨為替売買の差額があります。この場合、こまめに取引を終了させるので、自分がチャートを長時間チェックできない場合には、売り買いを確定させるなどの方法でリスクの管理を行うことで、高いレバレッジをかけて利益を大きく取るというトレード方法が多いそうです。


金利差額のスプレッドを長期取引で

一方、長期で取引を行うことで、外貨の金利差額にあたるスプレッドで利益を出す方法もあります。FXは世界のバーチャル市場を時間ごとに移動します。ニューヨーク市場で一日の最後を迎えますが、この市場をロールオーバーさせた為替には、すべてに金利がつくのです。この金利の差額はそんなに大きな金額にはならないのですが、一年間など長期で差額を持ち越すことで、小さな金額を大きくしているそうです。

FXが副業に向いている理由はあるの?

FXは、投資を空いている時間だけに行うという個人投資家が多いと言われています。サラリーマンや専業主婦でも、空いた時間を活かして投資で利益を得ると言いますが、その手段にFXが選ばれる理由で代表的な意見や声などをご紹介します。


FXは24時間市場が動く

厳密にいうと、24時間同じ市場で為替が動くということではなく、世界のバーチャル市場を移動しているために24時間のトレードが可能になっているという形なのですが、FXでは24時間、チャートが動くのでいつでも売買を行なえます。株などは午前中、午後と時間が決まっていることから、取引可能な時間帯にチャートをチェックしなくてはいけないことや、午後の市場も15時までしか空いていないことから、副業で取引を行うには時間が短すぎるというのも、FXが選ばれる理由のようです。売買にある差額がスプレッドで、この売買値段の差額は会社の利益となります。


証拠金が少なくてもいい

FXにはレバレッジという原理で、証拠金以上のお金を動かして外為替の売買を行なうことができる仕組みを持っていることから、元の資金が少ない状態であっても、大きな金額を動かせるというのも、大きな魅力のようです。ニューヨーク市場が一日の最後の市場で、ここをロールオーバーさせたものには、金利がつくため、金利差の利益を出す人もいます。